プロが教えるお薦めのカメラとレンズと撮影テクニック

プロが教えるお薦めのカメラとレンズと撮影テクニック

子供 撮影 スナップ 外 

はじめまして姫路市飾磨区にある写真館、ハガ写真店の廣岡です。

お子さんの撮影や趣味で撮影をしようとこれからカメラを買おうとお考えの方に少しアドバイスと、使える撮影テクニックをいくつか紹介していこうと思います。

カメラの選び方


まずはじめに選ばなければいけないのはカメラのメーカーです。

他のカメラメーカー間で互換性が無いので一つのメーカーを買い続けていく事になるのでよく考えて選びましょう。

ニコンやキャノンやオリンパスやソニー等色々ありますが何が良いのでしょう?

メーカーによって写真の色味が違いキャノンは人物向け、ニコンは風景向き、ソニーは建築写真向きだとかよく言われていますが、そもそもパソコンに取り込んで写真を加工するのが主流になってる今は特に気にしなくていいと私は思います。

メーカーの中でも大手のニコン、キャノンあたりが無難だと思います。

種類も豊富ですし使用者が多いのでパソコンで機種のレビューも見やすいですし中古でも商品が多いです。

2016年9月現在ではニコンの商品のラインナップが魅了的に感じます。

どの機種が良いのかは撮影用途と求めるクオリティーと予算を考え、レビューサイトや店舗で実物を触って決めて下さい。

都内ならカメラのレンタルをしている所もあるのでレンタルして試し撮りするのもお薦めです。

 最近のカメラはどれも高性能で安いカメラでもきれいな写真を撮る事が出来るので、こだわりが無ければ高価なカメラを買わなくても大丈夫だと思います。

レンズの選び方


ボディーにこだわるのではなく、レンズにこだわってください!!!

多くの人がカメラのボディーにはこだわって選ぶのに、レンズは適当に選ぶ人が多いですがそれは全くの逆です!

ボディーにお金をかけるのではなくレンズにお金をかけた方が同じ総額でも写真の仕上がりは変わってくるものです。

レンズも様々なものがありますがアマチュア機のレンズキットについてくる様なズームレンズより1ランク上ぐらいのものがベストです。

ズームレンズは動かなくてもズーミングすることで近くで撮影した様に撮れたり遠くで撮影したように撮れたりと便利なレンズです。

他に単焦点レンズというレンズもありますがこれは焦点距離がきまっておりズームしたり出来ないのでちょっとめんどくさいです。

しかしズームレンズよりきれいに写真を撮る事ができるので試したい人は買ってみてはいかがでしょうか。

日差しが強い日の撮影テクニック


日差しが強い中で子供さんやお友達を撮っても顔が暗くなったり、顔の一部分が真っ白に飛んでしまったりした経験はございませんか?

日差しが強い中で帽子をかぶっていたら顔は暗くなるし、被って無くても顔の光の当たり方が不均等ですごく汚くなってしまいがちです。

そんな時はどうしたらいいのでしょうか?

普段モデルさんの撮影ではレフ板っていう白い板みたいなので暗くなる部分を太陽の光を跳ね返して明るくするのが一般的ですが、そんなもの持ち歩いてたら邪魔で仕方ないと思うので簡単な方法を紹介します。

ストロボを使って撮影するだけです。

ストロボは暗い室内等で使うイメージがあると思いますが、他の使い方もあるんです。

帽子をかぶっていたり、光が顔にまばらにかかっている時に使うことで暗くなっている所を明るくしたりする事が出来るのです。

しかしカメラに内蔵されているストロボは光が弱いので遠いと光が届かないのでなるべく距離を短くして撮影する事で補って下さい。

外部ストロボがあればベストです。

または、写る人を日陰に入れて撮影したり色々工夫して撮影してみて下さい。

室内でオシャレな今流行りの写真の撮り方


まず準備するものは一眼レフカメラ(アイフォンでも可)、大きめの白い画用紙の二つです。

たったこれだけです。

まず人を窓際に立たせます。

撮影する距離は近めで撮影して下さい。

そしてカメラのすぐ左に白い画用紙を誰かに持ってもらうか固定するかします。

この際は窓から入る光を反射させて顔を明るくさせる事を意識して下さい。

明るくなる効果と白の画用紙が目に写りこみアイキャッチになります。

そしてカメラで人に明るさを合わせます。

そのまま撮影すると後ろの背景がふわっと白くなり人物だけが浮き上がるようなオシャレな写真が撮れると思います。

今流行りのカジュアルフォトスタジオで撮った写真の様な写真が簡単に撮れちゃいます。

これを応用して外でも同じように撮影することが出来ます。

太陽が子供の後ろ側にくるようにして子供に明るさを合わせることで同じ効果があります。

まとめ


皆様の参考になったでしょうか?

これからも役立つカメラの知識や撮影テクニックを紹介できればと思います。

最後まで見ていただきありがとうございました。

 ハガ写真店のホームページhttp://www.haga-photo.com/