[完全版]七五三のお参りまでに知っておきたい豆知識

[完全版]七五三のお参りまでに知っておきたい豆知識

[完全版]七五三のお参りまでに知っておきたい豆知識

七五三は古くから日本にある行事です。

七五三はしきたりや古くからの習わし等色々知らないことも多いと思います。

最近ではそのしきたりも変化してきています。

そこでこの記事でわかりやすいように解説していきたいと思います。

七五三のお祝い返し


七五三のお祝いを親戚の人からもらうことも多いと思いますがその時のお返し等悩まれると思います。

品物でのお返しは千歳飴や赤飯や菓子折りが一般的です。

お金ではもらった金額の半分や3分の1を包みます。

のしは紅白の蝶結びを選び、表書きに「七五三内祝い」と書いてその下にお子様の名前を書きます。

他に喜ばれるのが撮影したお写真を送ったり、食事会に招待したりすると喜んでもらえると思います。

七五三と六曜の関係


よくある質問で「11月15日の七五三当日が仏滅ですがお参りしていいのか?」という質問ですが大丈夫です。

11月15日は鬼が出ない日と言われ古くからその日は吉日と言われてきました。

ですので六曜で仏滅や赤口で日が悪くても問題ありません。

気になる方は日がいい日を選んで下さい11月15日に特別こだわる人は最近少なくなってきています。

七五三の千歳飴のお話


七五三の千歳飴のお話

七五三のお参りに行ったらもらえる千歳飴。

お子様はおいしいお菓子がもらえるので一番印象に残ってたりするんじゃないでしょうか?

知ってるようで意外に知らない千歳飴の事をお伝えしていきます。

まず千歳飴が入っている袋は松竹梅や鶴や亀等の縁起のいいものが書かれています。

そして千歳飴は直径15mm以内長さ1m以内とすごく長いです。

それには意味があり千歳飴みたいに長く生きてほしいと言う思いがあります。

七五三の関西と関東の違い


七五三の関西と関東の違い

参拝

関東では七五三は神社へ参拝はご祈祷までする人がほとんどですが関西では関東に比べるとご祈祷しない人が多いです。

3歳男の子

関東では3歳は女の子だけで男の子は七五三をしない地域が多いですが関西では3歳の女の子男の子ともに七五三をします。

祝儀袋の結び方

関東は蝶結び関西はあわび結びの水引を使います。

七五三の神社でのマナー


まず鳥居を通る前に身なりを整えましょう一礼してから鳥居をくぐります。

参道は左右どちらかによって走らずに歩きます。

神社の中では大きな声を出さないようにしましょう。

手水舎で手水で清めてその後お賽銭を入れて参拝します。

参拝時のパパとママの服装は?


参拝される神社が大きく由緒ある」有名な神社は着物を着て参拝しているパパママを多く見かけますが基本的にパパはスーツでママはジャケットスタイルやきれい目なワンピースで大丈夫です!