遺影の生前に撮影のおすすめの服装は?表情やポーズは?

遺影の生前に撮影のおすすめの服装は?表情やポーズは?

遺影の生前に撮影のおすすめの服装は?表情やポーズは?

最近は生前に遺影写真を撮影しておくのが主流になりつつあります。

その写真がずっとその方の印象として残っていくのでいい写真にしたいと思うのは当然だと思います。

そこで生前遺影写真の服装や表情やポーズについてお伝えしていきたいと思います。

生前になぜ撮影するのか?


最近「終活」という言葉を耳にしたことがないでしょうか?

ご自身が無くなった後の事を生前に自分で整理整頓しておくのが終活です。

生前に撮る遺影用の写真撮影がその中でも流行っており、色んな写真館でも遺影用の撮影プランを用意しています。

残された身内への配慮にもなりますし、自分の遺影写真は自分の気に入った写真を使いたいという方も多いようです。

生前に遺影写真を撮ってないとバタバタしてる中、本人が写っている写真をみつけたとしてもスナップ写真から遺影写真を作っても画像が汚かったり写真がボケてたりいまいちな遺影になりかねません。

そこで前もって撮影しておくことでスムーズに進めれる事が出来きますしご本人も納得な素適な遺影写真を飾る事が出来ます。

生前遺影のメリット


1・終活になる

最近では亡くなった時の事を考えて色々な事の整理をします。

その一環として多くの方がされています。

2・キレイに撮れる

女性の方は特にキレイな写真を残したいと思います。

お元気な内からキレイにお化粧をしてプロのカメラマンが撮影をする事で素敵なお写真を残す事が出来ます。

3・自分で納得できる

従来は遺影写真を自分では選べませんでしたが、今ではお洋服から髪型から全てお選びいただけます。

自分が良いと思う1枚をお選びいただけます。

4・お値段が安い

葬儀場に依頼すると高額になる事があります。

生前遺影はお得なプランでお撮りできる事がほとんどだと思います。

遺影撮影のおすすめの服装


遺影撮影の服装に決まりはありません一般的には正装で撮影されることが多いですが自分らしさが出ている事が大切です。

何か趣味があれば趣味の格好制服がある仕事をしているなら制服で撮影されたりとユーモアな写真を撮るのもおすすめです。

遺影撮影の表情とポーズ


遺影写真は少し前までは笑顔の写真を使う事は少なかったが最近では笑った写真を使う事が増えてきました。

ポーズもかしこまった雰囲気より少し動きのあるポージングもおすすめです。